御法話

宗教道徳

宗教道徳

宗教道徳 一切衆生の心の中には、アメリカの人も含めて、殺人と破壊とを否定するのみならず、反対に他の全ての生命を守らん事を願う心の活動が有ります。この人の心の活動を、或いは慈悲と云い、或いは博愛とも云い、或いは非暴力と云い、或い...
慈悲・不殺生戎

慈悲・不殺生戎

慈悲・不殺生戎 慈悲・不殺生戎の功徳は、彼の自己防衛などと云うが如き無道徳の暴力行為を遥かに超越して、一切衆生の生命を保護し、一切衆生に無畏を施す最高の道徳であります。又怨敵を根本的に降伏する大神通力であります。我が慈悲心・不...
原始生活

原始生活

原始生活 悉多太子は、菩提樹下に吉祥草を敷いて結跏趺坐し、自己心中の無明煩悩を断尽くして。無上菩提を證得せん事に専念し給ひ、金剛不動の大禅定に安住された。自己の生命防衛の法も構ぜず。魔軍に対して大慈大悲の心地を磨かれた。 ...
法華経修行の肝心

法華経修行の肝心

法華経修行の肝心 法華経修行の肝心は、不軽菩薩の但行礼拝の一行である。彼の礼拝の対象は、絵像でもなく、木像でもなく、諸仏諸天の尊像でもない、仏像でもなく、文字でもない。正しく悪世末法、闘諍言訟を事とする三毒強盛の悪人、増上慢の四衆であ...
仏教の平和的特性

仏教の平和的特性

スリーパーダの御仏舎利塔建立ということが、一つの土木事業のようでもありますけれども、これが、その仏様の不思議な力が、如来の秘密神通の力が加わりまして、わずかの工事でありますけれどもランカ政府の首脳を始めとして、一般民衆もみんな、驚きの目をも...
原子力の未来

原子力と人類の将来

原子力と人類の将来 此題号は去六月十二日、朝日新聞の学芸欄に、湯川秀樹が論説したる處、今此題号に就て特に人類の将来と云ふ問題を深く考へて見度いと思ふ。 秀樹曰く、「一、人間はできる事は何でもやつて見度いと云ふのが人間の本来的傾向であ...
お盆

お盆の文化

お盆の文化 お盆を尊ぶ人は、必ずまず亡くなった御両親を手近に祀りましょう。我々は、亡くなられた人が家に来たとも、来ないとも判りません。ごちらかといえば、見たことがないから来ないのかも知れません。 それをあたかも来たようにしまして、我が心...
お題目

撃鼓唱題

撃鼓唱題 日本の仏法・摩訶耶奈の特色は、朝夕三帰五戒を唱うる事ではなくて、其の代わりに行住坐臥に南無妙法蓮華経と口に唱える事である。大小乗倶に、三帰五戒は仏道に入る最初の規定である事に異見は無い。日本の仏法は三帰五戒を否定する...
お題目

奴隷

奴隷 天地顛倒は末法の姿である。「顛倒の衆生をして近しと雖も而も見ざらしむ」と説かれて有るが故に、真実の救済主たる宗教的教主を見失って、本来市場の交換手段に過ぎなかった貨幣を以て地上の神と崇め、却って金銭が人間を支配するかの如き顛倒現...
お題目

一天四海皆帰妙法

南無妙法蓮華経と唱えれえば、国土は平和になり、衆生が安穏になり、我が身が仏になるか。これは問題でありますが実現させねばならない。他に我々が今や、平和を作り、そして安穏な思いをする道は見出されません。科学を頼ってきて科学が生き詰まり、宗教を頼...
タイトルとURLをコピーしました